新海シリーズの中古機流通が10月1日から再開

投稿日:

 規則改正前後の6月21日から9月末まで一時停止していた三洋物産の『CR新海物語シリーズ』4機種の中古機流通が、10月1日の書類受付け分から再開された。

 対象機は『CR新海物語M27』『〃M56』『〃M57』『〃L52』の4機種で認定を受けていない検定機。

 また、4機種の中古機を移動設置する場合は当該機の基板交換が必要で、さらに基板は先の認定作業の施策に準じてハーネスカバーによって封止され、全商協発行の封印シールも貼付される。中古機用のハーネスカバーは認定機と区別するため色がピンク色となっている。

 中古機移動に伴う諸経費は、従来の書類作成費、点検確認料、確認証紙代のほか、交換基板代(1台3万円)、封印シール代(1台30円)、基板搬送費等(実費)がかかる。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると