デビットカード試験導入、問題なしと総括

投稿日:

 昨年9月から今年3月までに実施していたデビットカードの試験導入に関する結果内容が、5月14日に開かれた全日遊連のプリペイドカード特別委員会で報告されていたことが全日遊連広報誌『遊報』7月号(7月末日発行)に掲載されている。

 それによると、同日報告をしたのは、システムを供給する日本LECおよびナスカの2社のカード会社と、金融機関との決済代行業務などを担当する日本決済情報センター。期間内の導入店舗121店舗を対象に、毎月導入店から提出された「自己点検表」や、利用状況データを基づき検証した結果、とくに異常は認められなかったと総括している。これは、偽造カードに関する問い合わせ、データ上で判明した不正取引、デビット子機の改造などセキュリティ上のトラブルが一切発生しなかったことに基づくもので、3万円の「利用限度額オーバー」発生件数も2%未満にとどまり、のめり込みも心配もない、としている。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると