『新海』第2次検査、7店舗で不正発覚

投稿日:

 全日本遊技事業協同組合連合会(山田茂則理事長)は7月21日、東京・新橋の『第一ホテル東京』で定例の全国理事会を開催。理事会終了後の記者会見で、封止・封印の第2次検査に入った『CR新海物語』シリーズの認定作業をめぐり、7月16日までに6府県7店舗で不正が見つかり、先に発給されていた保証書が製造元の三洋物産側から取り下げられていたことが明らかにされた。

 7店舗については所属する県遊協から県警に、全日遊連から警察庁にそれぞれ報告済で、今後、何らかの行政処分が下される見通しだ。7店舗の『新海』の設置台数の合計は243台。

 第2次検査は6月30日の1府県を皮切りにスタート。7月16日現在までに32府県で着手され、うち4府県で終了したことも報告された。会見には山田理事長と中谷事務局長が出席した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると