人材育成のプロが『紳士淑女にパチンコを』刊行

投稿日:

 パチンコ業界に特化した人材関連ビジネスを展開する(株)ピー・ワーク総合研究所の熊澤修代表取締役会長はこのたび、『紳士淑女にパチンコを』(発行・発売:ロコモーションパブリッシング)を刊行した。全国最大手のパーラーチェーンの人部門を統括した経験を持つ著者が、自らの体験を踏まえた上で人材育成、接客のコツを公開する。

 熊沢氏は、パチンコ業界独特の企業風土をベースに「オーナーのいうことが正しくても、従業員の感情に向き合わない『改革』は決していい結果を生まない」と力説、オーナー側の視線だけではなく従業員側の目線を知ることも大切だと語る。また異なる人間同士が、円滑にお互いに仕事を進めて行くためには、信頼関係をベースにした「情緒的コミュニケ−ション」を実践していく必要があるとしたうえで、「サービスマンは、お客さまとのコミュニケーションにおけるプロ。その技術は、今後すべての人間関係に活用できる大いなる武器だと思う」とコミュニケーションの重要性を述べ、お客様に対しては「気さくさ」をアピールすることが「安心と信頼」を築く第一歩だと主張する。

 最後に、各業界にはナンバー1と言われる企業が存在し、その真似をしたのではいつまでも追い付くことは不可能だと指摘、「これから目指すべき企業の方向性は、オンリー・ワン企業で『そこにしかないサービス』の実現こそが21世紀の企業に求められる最大のもの」と結論づけている。読んでいくうちに営業のヒントが得られる管理者必読の一冊。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると