パチンコ関連機器市場は約2兆円

投稿日:

 (株)矢野経済研究所は8月8日、「パチンコ関連機器産業の最新市場動向」(2004年7月期〜2005年6月期)のダイジェスト版をプレス向けに発表。パチンコ関連機器の市場規模が前年度比12.9%増の2兆546億500万円という推定結果を報告した。

 このうち遊技機(パチンコ機とパチスロ機)市場は同9.6%増の1兆3112億9500万円を占めている。パチンコ機市場は同17%増の7864億1300万円。パチスロ機市場は0.3%減の5248億8200万円で、パチンコ機市場が全体を押し上げていることを報告しているが、これについてダイジェスト版では「遊技機規則改正に伴う新基準機の登場で一気に入れ替え需要が加速、市場が拡大した」(パチンコ機)、「遊技機規則改正に伴う規制強化を受け、パチンコ機とは逆に10年ぶりの前年割れを記録した」(パチスロ機)と分析している。

 なお、調査の詳細は「2005版パチンコ関連メーカーの動向とマーケットシェア」(B5判483頁)にまとめられ、同社から9万5000円で発売されている。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると