サンセイ、育成型パチンコ機を発表

投稿日:

 サンセイアールアンドディは1月12日より各営業拠点にてパチンコ新機種『CRオグリキャップ』シリーズの発表内覧会を開催した。同機は、一大ムーブメントを巻き起こした名競走馬「オグリキャップ」をプレイヤーが育成できる画期的なゲーム性が魅力だ。

 基本的なゲームの流れは、電源ON時、8歳で引退後、確変5連チャン以上の通常大当たり後にオグリキャップが誕生。図柄変動時は牧場ステージに滞在し、厩務員などのキャラクターがオグリキャップに餌やプレゼントを与えるほか調教などで成長(予告演出)。年齢がアップすると能力が上がりレースに勝ちやすくなる。

 次に中央転厩や追い切りなどで調子があがると併せ馬(ノーマルリーチ)に移行、地方及び中央競馬に出走するとスーパーリーチとなる。スーパーリーチではGII、GIIIのレースに出走。100パターン以上の様々なレース展開が用意されており、常に緊張感のあるレースが楽しめる。特に実写リーチは信頼度が50%、さらに雨が降ると80%にアップ(オグリキャップは雨のレースに強かった)するなど高信頼度となっている。

 大当たり中にはGIレースによる確変突入抽選が行われ、1〜3Rが競馬新聞による予想(出走馬・騎手・オッズ)、4Rがパドック、5Rが天気予報、6Rがアナウンサー予想、7〜9Rがゲートイン、ファンファーレ、10〜14RがGIレース、15Rが勝敗、という流れとなっており、オグリキャプが勝利すれば確変が確定し予想や天候などで期待度が大きく変化する。

 また、通常大当たり後の1/12で100回転の時短に突入。その際は「ハルウララ」が登場する(ハルウララ100連敗モード)。

-新台

© 2021 グリーンべると