遊べる展示会に一般客は2日間で6274人

投稿日:

 全日遊連や日遊協など業界15団体が後援した「手軽に安く遊べるパチンコ・パチスロ展示会」が10月21、22日の両日にわたり、東京・池袋にある『池袋サンシャインシティコンベンションセンター』で開かれ、2日間の来場者が一般入場者6274人、業界関係者および報道関係者など1379人、計7653人だったことが主催者側から報告された。主催は「手軽に安く遊べるパチンコ・パチスロ運営委員会」──。

 展示会に出展されたパチンコ、パチスロはすべて射幸性の低いロースペック機。48社の遊技機メーカーから型式申請中のものも含め100機種を超える遊技機が展示された。

 21日のオープニングセレモニーでは、こうしたロースペック機を総称する愛称の決定授賞式が行われ、応募総数1万4640作品の中から選ばれた「遊パチ(ユーパチ)」がネーミング大賞に選出されたほか、キャンペーンを象徴するシンボルマークも発表された。シンボルマークは今後、市場に導入されたロースペック機に貼付される予定になっている。

 シンボルマークはhttp://www.asoberu-ps.jpに掲示されている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると