パトライト最新作『南国娘』が登場

投稿日:

 オリンピアは8月8日、東京ドームホテルにて同社初の5号機『南国娘X』の発表展示会を開催。同機はパトライト搭載機種の最新作で、前作『南国育ち』のゲーム性を継承しながら、5号機特有の同時抽選フラグも採用している。納品は9月10日からスタートする予定。

 同機はパトランプ(シリーズ最大の77.7φ)が「キュイン」という効果音と共に光って回ればボーナスが確定するお馴染みの完全告知タイプ。『南国育ち』のビッグボーナス中3回目のJACゲーム及びレギュラーボーナス中のチャンゾーンをRT50Gのラスト8Gに「南国チャンス」として採用。RT中に成立したボーナスの告知は一旦保留され、「南国チャンス」中に筐体左側の「バードランプ」が点灯することでボーナスが成立していたことを告知する。「南国チャンス」での告知タイミングは8G間でほぼ均等、同チャンス終了後1Gへの振り分けもある。同機のRTはボーナス図柄を揃えるまで継続する完走タイプで、50G完走時の純増は約30枚。

 一方、5号機特有のボーナスと小役の同時抽選では、メイン役のベル以外でボーナスとの同時成立の可能性があり、最も期待度が高いのが中段チェリー(期待度約25%)。チェリー成立時にはスタート音の遅れ(3種類を搭載)を経由する場合があり、遅れ発生時は中段チェリー成立によるボーナスの可能性が高くなる。

 BBの獲得枚数は約210枚(BB後は必ず完走タイプのRTに突入するため、実質は250枚弱の獲得枚数になる)、RBは約105枚。BBの合成確率は1/264(設定1)〜1/220(設定6)、RBの確率は1/528〜1/440、ボーナスの合成確率は1/176〜147となっている。1000円当たりのゲーム数は約34G。

-新台

© 2021 グリーンべると