パイオニア初の5号機『ニューオアシス』

投稿日:

 (株)パイオニアは1月16日、都内の浅草ビューホテルにて同社初の5号機『ニューオアシス』(型式名:P5NSB)の発表展示会を開催。同機は『オアシス』シリーズの後継機に位置づけられる完全告知機となっている。

 『ニューオアシス』の最大の特長は、4号機ノーマルAタイプとほぼ同等のスペック(設定は6段階)。BIG確率は1/300(設定1)〜1/256(設定6)、RB(2種ボーナス)確率は1/668(設定1)〜1/496(設定6)であり、合成確率は1/207(設定1)〜1/168(設定6)となっている。出玉率は96%(設定1)〜108%(設定6)。

 BBは345枚を超える払い出しで終了となるが、ボーナス中は毎ゲーム1枚掛けでほぼベル(1枚掛け時は15枚の払い出し、取りこぼし無し)が揃い、24回の払い出しで終了するため純増は毎回336枚(スイカ成立時に取りこぼすとその限りではない)。RBは2種ボーナスだがBBと同様に1枚掛けで、12回の払い出しで終了となり純増168枚となる。通常時は1000円当たり平均34G。

 告知タイミングは、レバーON時(50%)、全リール停止時(12.5%)、次ゲームレバーON時(37.5%)の3種類。告知方法の基本はハイビスカス・ランプ」の点灯だが、BIG確定となる「高速点滅」や「メラメラ点滅」等の多彩な“点灯”告知や爆音やスペシャルテンパイ音等の多彩な“音”告知を搭載している。

 納品は2月5日からスタートする予定。

-新台

© 2021 グリーンべると