JPS第一弾機は“萌え系”アニメとのタイアップ

投稿日:

 日電協加盟メーカーの(株)ジェイピーエス(大阪市福島区)は1月17日、都内文京区の東京ドームホテル・シンシアにおいて、同社初のパチスロ5号機『コムギチャンSP』の発表展示会を開催。また、総発売元の(株)トレードは同日より、全国26カ所の営業拠点において内覧会を開催した。

 今回発表された同社初のパチスロ5号機『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』(型式名:コムギチャンSP)は、タツノコプロ制作の同名オリジナルビデオアニメとの完全タイアップ機。同作品は女子高生コスプレアイドル「小麦ちゃん」が、悪のウィルスから地球を守るマジカルナースとなって戦うストーリー。02年発売の「カルテ1」から05年9月発売の「マジカルてZ」にかけて計8本のビデオアニメがリリースされており、現在ブームの「萌え系」アニメの元祖として知られ、いわゆる「アキバ系」を中心に多くのファンから支持を得ているタイトルだ。

 同機のボーナスシステムは第一種特別役物に位置付けられるビッグボーナス(赤7揃い、345枚超の払出で終了)と、第二種特別役物に位置付けられるチャレンジタイム(青7揃い、224枚超の払出で終了)のふたつから構成される。いずれもボーナス終了後には60ゲームのRTが付加され、その間はほぼ毎ゲームリプレイが成立するため、ベースが維持される仕組みで、RT中のボーナス引き戻し率は約25%となっている。また同機は新規則によって可能となったボーナスと小役(チェリー、スイカ)の同時抽選機能も搭載。とくにチェリー成立時はボーナス成立が確定する仕組みとなっており、プレイヤーの興奮度を引き立たせる。

 一方、「プチRT」の搭載によって技術介入性を盛り込み、「黒バー・白バー・スイカ」、「白バー・スイカ・スイカ」等の図柄が揃うと2ゲーム間のRTが発動する。1枚役(青7・青7・チェリー)と同時成立するため、通常時は「プチRT」を揃え、逆にRT中は1枚役を揃えることでベースを上げることができる。また、「プチRT」はスイカやボーナスの取りこぼし時にも揃うため、ボーナスの期待感が高まる。

 演出面は、背景が「伊豆ステージ」と「お台場ステージ」のふたつがあり、それぞれで小役告知等の演出が変化。「昼食バトル」、「柔道バトル」等の各種バトル演出に発展し、小麦ちゃんが勝利すればボーナス確定となる。同機の納品は2月12日から順次スタートする予定となっている。

 1月17日の機種発表会で、主催者挨拶に立ったジェイピーエスの綾部社長は、「本機は癒し系の機種となっており、新規則のイメージと合致するもの。発売までには相当の苦労があり、難産だったといえるが、その分大きく育つものと期待している。当社初の市場投入機となるが、今後も積極的に機種を販売していきたい」と今後の抱負を話し、続いて壇上に上がったトレードの石塚社長は、「今回ジェイピーエスさんの総発売元となったことは、大変喜ばしいことだと思っている。業界発展のため、総力と自信を持ってサービスをおこなっていきたい」と述べた。また当日は主人公「小麦ちゃん」の声優を務めている桃井はるこさんも来場し、マスコミからの質疑応答やフォトセッションに応じた。

-新台

© 2021 グリーンべると