余暇進勉強会で低貸玉営業などを講習

投稿日:

 有限責任中間法人・余暇環境整備推進協議会(略称:余暇進、宮脇磊介会長)は9月19日、都内で9月度定例勉強会および理事会を開催、会員90名が出席した。勉強会では、グローリーリンクスの月東康慶商品戦略室長、京楽産業.の西川直彦取締役営業本部長の両氏による講演が行われた。

 月東室長はファン離れの主要因に平均投資額の高騰が挙げられると指摘し、「低投資で遊べる低貸玉営業は新規客層の開拓が期待できる」と述べ、具体的なシミュレーションや集客ノウハウなどを解説した。続いて西川営業本部長は、業界活性化に向けた自社の取り組みを紹介し、たとえ開発期間が延びても長期稼働する遊技機開発に努めていることなどを説明した。

 一方、理事会では、(1)11月28日に都内千代田区の「グランドアーク半蔵門」で実施する秋季セミナーの内容、(2)来年度の総会を都内港区の「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」で開催すること、(3)「手軽に安く遊べるパチンコ・パチスロキャンペーン」の活動に対する協賛金の拠出、をそれぞれ決議した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると