VQ・時空が新システム『VQ EXAM』発表会を開催

投稿日:

 中古機トレードサイト「VQnet」で知られる(株)バリュー・クエスト(東京都新宿区・山田成徳社長)とパーラーの業務支援システムの企画・開発・販売を手掛ける(株)時空(宮城県仙台市・檜野安弘社長)は8月22日、都内千代田区の九段会館でSaaS(Software as a Service)システム『VQ EXAM(ブイキューエグザム)』並びに、新システム『VQ相場』の商品発表会を開催した。

 会の冒頭、VQ社の山田社長と時空社の檜野社長は「今回発表した両システムは、パーラー企業の倒産等が目立つ厳しい時代に合わせて共同開発を進めた新システム。パーラーが設置・非設置遊技機の価値を簡単に把握し、有効な資産運用に繋げてほしい」と挨拶。続いて両システムの説明には、VQ社経営企画室の大橋雄一室長から行なわれた。

 『VQ EXAM』とは、同社の「VQnet」の相場情報・物件掲載機能と時空社の台入替管理システム『EXAM』を連動させることで、登録会員店舗の中古遊技機をサーバー上で管理が行なえるようになる新システム。『EXAM』上で保有遊技機の平均成約価格などが簡単に確認できるほか、VQnetへの物件掲載も簡単に行なえる。販売開始は9月18日。

 一方、『VQ相場』はVQnet上の相場情報をまとめ、チャート化させた情報配信システム。従来のVQnetと同様、契約後はIDとパスワードが発給されインターネットブラウザ上で閲覧が可能となる。販売開始は10月1日。なお、特典として10月末までの申込みは先着200会員まで年内無料提供となる。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると