SANKYOから『スターウォーズ』『楽シーサーR』

投稿日:

 SANKYOは4月20日、パチスロ新機種『スター・ウォーズR』と『楽シーサーR』を同時発表、各営業所等で内覧会を開催した。

 『スター・ウォーズR』は機種名の通り、映画「スター・ウォーズ」とのタイアップ機。15インチの全面液晶筐体でその世界観を再現する。

 最大のウリは、ルーク・スカイウォーカーとダース・ベイダーがバトルを繰り広げる「スターボーナス」。スターボーナスにはスーパー(SSB)とノーマル(NSB)の2つがあるが、いずれも演出上は「スターボーナス」となっており、見た目にはどちらのボーナスが当たったのか分からなくなっている。

 そのスターボーナスの演出では、人気を博したパチスロ「北斗の拳」のように、ルークとベイダーがバトルを繰り広げていき、払い出し枚数が165枚を超えた時点で、ルークが勝てばボーナスが継続、ルークが負ければボーナスが終了となる。つまり、内部的にはルークが負ければNSB、勝てばSSBという仕様だ。ルークが勝った場合は、345枚の払い出しで終了する。なお、「北斗」同様、バトル中のベイダーの攻撃には強弱があるほか、ルークが敗れた場合も復活演出が待っている。

 設定は4段階で、SSBが1/332(設定1)〜1/269(設定4)、NSBが1/595(設定1)〜1/468(設定4)。納品は6月10日予定。

 一方の『楽シーサーR』は、リール上部に巨大なシーサー役物を搭載した告知タイプ機。シーサーの口の中のパトランプが光と音でボーナスを告知する。ボーナスに当選した後はリプレイの確率が1/3.6にアップするため、リプレイが連続すればするほどアツい。

 ビッグボーナスの平均獲得枚数は約310枚、チャレンジボーナスは約110枚。BB中は、ネーネーズの琉球ソング「豊年音頭」と「あめりか通り」がBGM。ボーナス確率はBBが1/312(設定1)〜1/242(設定6)、CBが1/354(設定1)〜1/251(設定16)。合成確率が1/165(設定1)〜1/123(設定6)と当たりやすいのも同機の特徴。納品は6月10日予定。

-新台

© 2021 グリーンべると