スベればスベるほど熱い!『CR千昌夫』発表

投稿日:

 藤商事は2月7日、都内・東上野の自社ショールームでパチンコ新機種『CR千昌夫〜北国の春〜』シリーズを発表した。

 昭和を代表する国民的演歌歌手として有名な千昌夫さんとタイアップ。機種名にも冠されている千昌夫さんの最大のヒット曲である「北国の春」(300万枚販売)はもちろん、「星影のワルツ」(250万枚)、「味噌汁の詩」(60万枚)など7曲を収録し、千昌夫さん本人の実写とともにリーチや大当たり中に流れる。

 特徴は藤商事お得意のさまざまな可動式役物を搭載していること。液晶画面上部の「北国の春」のモチーフの「春」の文字がブルブル震える「春役物」、液晶上部から画面を覆うようにビカーンと光って落下する「月役物」、画面右の水車を模したグルグル回る「水車役物」、画面下部から観客が一体となってウェーブする「観客役物」の4つを搭載。このうち「水車役物」は、水車の回転に合わせて画面内の図柄がスベり、それが続けば続くほど大当たりの期待感が高まる。

 ゲーム性は、通常時の「田舎モード」から大当たりとなるパターンのほか、潜伏確変状態が期待できる「上京モード」や確変状態となる「都会モード」に田舎モードから移行して出玉のある大当たりとなるパターンも存在している。

 シリーズは、大当たり確率と確変突入率が同じというミドルスペックの『FPH』(大当たり確率1/310.6、高確率1/31.06、賞球3&5&10&13、確変突入率63%、うち2R確変突入率16%)、『FPL』(大当たり確率1/310.6、高確率1/31.06、賞球3&5&10&13、確変突入率63%、うち2R確変突入率13%)、『FPB』(大当たり確率1/310.6、高確率1/31.06、賞球3&5&10&12、確変突入率63%、うち2R確変突入率16%)の3タイプに加え、甘デジタイプの『FPW』(大当たり確率1/97.82、高確率1/19.56、賞球3&5&10&14、確変突入率56%、うち2R確変突入率16%)の4スペックをラインナップ。納品は3月2日より。

-新台

© 2021 グリーンべると