プレイヤーの引きがARTの連鎖を巻き起こす

投稿日:

『ファイヤービーク』

 コルモではパチスロ新機種『ファイヤービーク』を発表。11月25日には本社ショールームにて内覧会を開催した。

 ゲーム数管理でも継続率方式でもない新方式のART継続システム「デュアルスパイラルシステム」を採用。「通常」「高確率」「超高確率」の各モード毎にART「ファイヤーラッシュ」への突入率が異なり、モード移行は通常遊技及びボーナス中の特定役成立時などに行われる。

 ファイヤーラッシュはベル成立時にパンク抽選されるが(平均約40ゲーム継続)、「高確率」及び「超高確率」では再び高確率で突入抽選が行われるためARTの引き戻しに期待が持てる。特に超高確率モードでは通常モードへの転落確率が低いため、ARTの連打に期待が持てる仕組みだ。

 ARTは押し順ナビに従うだけで消化でき、1ゲームあたり純増約1.5枚。ボーナスの純増枚数はビッグ約210枚、レギュラー約60枚で合成確率約1/244〜約1/199。

 納品は年明けの1月3日開始予定。

-新台

© 2021 グリーンべると