サーキットの狼がパチンコに参戦!

投稿日:

『CR新サーキットの狼』

 ニューギンは9月30日、東京・上野のショールームにてパチンコ新機種『CR新サーキットの狼』シリーズ(2タイプ)の発表内覧会を開催。同機はスーパーカーブームの火付け役となったコミックとのタイアップ機で、原作者の池沢早人師氏自らがカーデザインを担当。キャラクターも現代風にアレンジされている。納品は11月1日からの予定。

 同機の最大の特長は「タイムアタックボーナス」(TAボーナス)。『花の慶次』のランクアップボーナスと『アン・ルイス』のジャンプアップボーナスが融合されたもので、ランクアップボーナスと同様に上部アタッカーの開放数によって出玉が異なる大当たり。ステージ移行と思わせてTAボーナスに突入する。

 TAボーナスの開放数は16回(約510個)、32回(約1060個)、48回(約1440個)のほか、16回+11R(約1570個)、32回+6R(約1510個)と開放数+ラウンド当たりの2種類もある(開放数及び出玉は2タイプ共通)。大当たり中は、目標タイムより早くチェックポイントを通過すると継続となり、プレミアムランに突入すれば上部アタッカーがフルオープンする。

 また、盤面には各種役物が搭載され、液晶上部から降下してくる「ウルフスコープ」、液晶下部に出現する「ウルフメーター」、そして盤面右にて存在感を示す「ビッグウルフ」の3種類があり、これらは合わせて「トリプルウルフドライブ」(TWD)と呼ばれている。

 演出面では、同社お馴染みのモード移行(通常を含めて全4モード)のほか、高確率が確定する「グランプリ決勝モード」ではライバルとのカーチェイスが確変継続への期待感を高める。予告演出も充実しており、大当たりまでの過程の中で手に汗を握るプレイが楽しめる。

 主なスペックは以下の通り。
『H2-T』
大当たり確率1/367.75(高確率時1/36.78)
確変突入率71%(うち、16R確変(TAボーナス):12%、15R確変:41%、2R確変:18%)
大当たり終了後に100回時短
出玉約510個〜約1570個

『H-T』
大当たり確率1/314.75(高確率時1/31.48)
確変突入率65%(うち、16R確変(TAボーナス):12%、15R確変:34%、2R確変:19%)
大当たり終了後に100回時短
出玉約510個〜約1570個

(C)池沢早人師/animedia.com

-新台

© 2021 グリーンべると