大都、初のパチンコは「番長」の薫先生が主役

投稿日:

『CR3年P組 薫先生!!』

 大都技研は7月21日付けのニュースリリースで、パチンコ機の販売としては第1弾となる『CR3年P組薫先生!!』の発売を発表した。

 同機は4号機後期の人気パチスロ機『押忍!番長』のスピンオフで、登場キャラクターの熱血教師・薫先生こと伊集院薫を主役に設定。理由あって轟学園を退職した薫先生が、新たな赴任先となる大都学園で笑いあり、涙あり、感動ありの学園ドラマを繰り広げる。

 リリースによると、同機のゲーム性は小当たりや潜伏確変がない誰でも安心して遊べるミドルタイプ。役物として、業界最大級の「リボルバー役物」、動けば激アツの「ど根性アーム役物」を搭載。さらに大当たり中の演出は、大都のパチスロ機ではお馴染みの「選べる演出」として3種類を用意している。

一方、同日付けでパチスロ機『忍魂』の第3弾パネルとなる『忍魂 月光Ver.』も発表。パネルのデザインは、同機のゲーム性の要であるART「月光ノ刻」をイメージしたものとなっている。

  • 『忍魂 月光Ver.』

    『忍魂 月光Ver.』

-新台

© 2021 グリーンべると