ぱ未研、第1回広告アワードを開催

投稿日:

 ぱちんこ未来図研究会(平澤黎哲代表/運営・(株)TAG)では7月22日、都内で第10回研究会を開催、同会初の試みとして指定された機種のポスターを作成、様々な角度から評価する「広告アワードプレゼン大会」を敢行した。また、(株)環境経営戦略総研パフォーマンスエンジニアリング本部長の大住力氏を講師に招き講演「ホスピタリティについて」を受講した。

 広告アワードプレゼン大会では三洋物産の『CRスーパー海物語IN地中海』をテーマにポスターを作成。事前にターゲット、コンセプトを定めた上で作成されたポスターのデザイン、プレゼン内容がその指針に合っているかを評価するもの。また、特別審査員である諏訪東京理科大学・篠原菊紀教授が、同教授の実験室で行われた、ユーザーにポスターを見せた際の脳活動データをもとに解説を加えた。

 セミナーでは大住氏が、同氏が以前勤務した東京ディズニーリゾートでの経験をもとに、特にリピート率に着眼点をおいたホスピタリティのあり方、行動様式等について解説。

 なお、広告アワードプレゼン大会の第1位は、犬をキャラクターに見立てたコンセプトを披露した《りっちらんど上尾店》(富國物産)が獲得した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると