名作「ガンダム」の感動ストーリーを完全再現

投稿日:

実機を試打する小沢さん(左)、井戸田さん(中)、原さん。

 山佐は5月20日、都内にて新機種『パチスロ「機動戦士ガンダムIII〜めぐりあい宇宙編〜」』のプレス発表会を開催した。同機は名作アニメ「機動戦士ガンダム」の劇場版3部作の完結編とのタイアップ機。最新の技術によって完全再現された美麗映像と『パチスロ「キン肉マン」』のARTシステムをベースとしたゲーム性が融合している。納品は7月20日から開始される予定。

 ART「Gエピソード」は純増1.2枚/Gで次回RBまで継続。約1/88で成立するRB「バトルチャンス」中にアムロが敵に勝利すると突入が確定する。ART中はチェリーやスイカといった特定役成立時にARTストック抽選が行われ、継続抽選(最高継続率90%以上)と共にART継続の鍵を握る。通常時のアムロステージ中の当選で勝利期待度がアップ。

 RB中の演出は揃ったボーナス図柄で異なり、同色7揃いなら「エピソードバトル」、異色7揃いなら「リールバトル」が発生。前者はRB消化中の3・5・7G目に分岐があり、いずれかでアムロが1回でも攻撃すれば勝利が確定し、後者は液晶リールの押し順に正解するほど突入期待度が高まっていく。また、ガンダム図柄(白V)揃いはプレミアムでART突入が確定。フリーズが伴っていると高継続に期待がかかる。

 ART中は押し順ナビに従うだけでAT役が獲得でき、ナビが「Gマーク」の時はバー図柄をいずれかのリールで狙ってAT降格を回避する、と初心者でも遊びやすい仕様。RB当選後のART継続でストーリー(ステージ)が進展していき、最終の10ステージでは感動のエンディングを堪能できる。各ステージは7つのステップで構成され、ステップが進むほど次回バトル時の勝利期待度がアップする。

 発表会には、タレントの原幹恵さん、お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤さん、小沢一敬さんがゲストとして登場。特にパチスロ初心者の原さんは「映像が素晴らしく綺麗で映画を観ているよう。パチスロを知らなくてもガンダム好きなら楽しめる」と太鼓判を押していた。

(C)創通・サンライズ

    -新台

    © 2021 グリーンべると