KPE最新機種は“上乗せ”が熱い!

投稿日:

『幻想水滸伝』

 KPEは11月2日、東京・上野のショールームにてパチスロ新機種『幻想水滸伝』の発表内覧会を開催。同機はコナミの人気RPGとのタイアップ機で、上乗せメインのART「決戦の刻」を搭載する。納品は2011年1月10日の予定。

 ART「決戦の刻」は40Gワンセットで純増が1Gあたり1.2枚。「ノーマル」「チャンス」「烈」「激」の4種類があり、それぞれで上乗せ期待度が異なる。上乗せ契機はボーナス・レア役・小役3連続・リプレイ8連続だ。

 ボーナス及びレア役での上乗せは全ARTで共通。小役3連続は烈・激ART中の上乗せ契機で、3連続以降も小役が続く度に上乗せされる。リプ連は激ART中の上乗せ契機で、こちらもリプレイが続くほど上乗せされていく。烈ARTは平均4セット、激ARTは平均12セットが期待できる。

 主なART突入はボーナス成立及び「紋章チャンス」から。ボーナスは超高確「キャンプステージ」ならART突入が確定。さらにBB中はバー揃いでARTが確定するが、バーが揃うほど烈や激が追加される。RB中はフリーズ発生で激ARTに突入。

 また、通常ゲーム中に紋章が5個集まると紋章チャンスに移行し、5個のうち1個でも覚醒すればART突入が確定。紋章は水・雷・風・火・土の順に期待度が高く、さらに5個が同一種類、またはすべてが異なれば烈or激ARTへ突入する。キャンプステージでは、この紋章の獲得率が飛躍的にアップする。

 その他、通常時のロングフリーズ(激ART)、天井到達(約1080G、1/2で烈or激)、BB中のカットインなし(全ART)でもARTが獲得できる。

 主なスペックは、BBの純増枚数が204枚、RBが同60枚。BB確率は1/362.1(設定1)〜1/302.0(設定6)、RB確率は1/595.8〜489.1、合成確率は1/225.2〜1/186.7、ボーナス+ART合成確率は1/166.1〜1/125.1、出玉率は96.7%〜111.8%。1000円あたりのゲーム数は約34Gとなっている。

(C)Konami Digital Entertainment (C)KPE

-新台

© 2021 グリーンべると