ニューギンから『CR川島なお美の大奥百花繚乱』

投稿日:

『CR川島なお美の大奥百花繚乱』

 ニューギンは4月6日、東京・上野のショールームにてパチンコ新機種『CR川島なお美の大奥百花繚乱』の発表内覧会を開催。同機の舞台は女達の愛憎が渦巻く大奥。主役の春日局には女優として、またワインのエキスパートなど多彩な活動をする川島なお美さんを起用した。納品は5月5日からの予定。

 大当たり確率1/309.25のミドルタイプと、同1/89.75の甘デジタイプの2タイプ。大当たり後の潜伏確変がゲーム性の柱で、時短「波乱之章」は「散策」(高確or時短)、「対峙」(高確or時短)、「修羅場」(高確率)とステップアップするほど大当たりへの期待度が高くなる。そのほか通常時から移行する「夜回り之章」(先読み予告)や「春日局之章」(リーチなれば激アツ)といったモードを搭載する。

 演出面では「ビンタリーチ」や「上様全回転リーチ」、ストーリー連続演出など大奥の女の戦いや華麗なる世界を表現。盤面には「報いの鍵」と「報せの御鈴」という二大役物を搭載し、特に「報いの鍵」は液晶上部から落下し、鍵が開けば大チャンスとなる。

 主なスペックは、ミドルの『M2R-T』が大当たり確率1/309.25(高確率時1/30.92)、確変突入率60%、大当たり後時短100回、出玉約1420個、ラウンド数2or15R(8カウント)。

 甘デジの『N-T』は大当たり確率1/89.75(1/8.97)、確変突入率60%、大当たり後時短30回、出玉約350or1040個、ラウンド数2or5or15R(7カウント)。

(C)2009 BonVivant

    -新台

    © 2021 グリーンべると