ユニバーサル、フィリピンカジノ開業に向けて進展

投稿日:

 ユニバーサルエンターテインメントでは同社グループの推進するフィリピンにおけるカジノ事業が、フィリピン経済特区庁の登録認可及び100%外資企業によるカジノ事業の認可を受けた事を4月19日付のリリースで伝えた。

 これにより同社グループの進める「パゴン・ナヨン・ピリピノ・マニラ・ベイ・エンターテイメント」シティにおけるカジノ・ホテルリゾート開発が税制面で優遇、また、今後の事業展開において自由度が大きく増す。

 同社グループではフィリピンにおけるカジノ事業を、中国人旅行者の取り込みも期待できる有望市場と捉え、収益性の高いVIP(富裕層、ハイローラー)向けの施設を前倒しして開発する方針。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると