パイオニア、30φ機にニューブランドを投入

投稿日:

『ハイハイ-30』

 パイオニアは1月7日、東京・上野のショールームにてパチスロ新機種『ハイハイ-30』の発表内覧会を開催。「ハナハナ」「シオサイ」に続く新シリーズに位置づけられる同機は、設定1でも1/174という高いボーナス合成確率を実現し、100%完全告知や小役の取りこぼしゼロといった超安心仕様の純Aタイプとなっている。納品は2月21日からを予定。

 基本的にお馴染みのハイビスカス点滅でボーナスを告知するが、シークレット告知として高速点滅やカラフル点滅、リールサンドLEDの色が変化、フリーズなど多彩な告知演出も搭載。これらシークレット告知が発生した場合はBBが確定する。

 主なスペックは、BB確率が1/306(設定1)〜1/239(設定6)、RB確率が1/407〜1/319、合成確率は1/174〜1/136。

 BBの純増枚数は312枚、RBはMAX116枚。RBでMAXの出玉を得るには、左リール中段にハイビスカス図柄をビタ押しして14枚を1回獲得する必要がある。1000円あたりのゲーム数は約37G。

-新台

© 2021 グリーンべると