世界初のパチンコで遊べるFacebookアプリ

投稿日:

 共通ポイントプログラム「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区・小林裕宜社長)はこの程、ソーシャルメディアマーケティング支援を手掛けるクラッチ(本社:東京都港区・中西勇治社長)の制作協力のもと、パチンコで遊べる世界初のFacebookアプリ「ポン玉ゲーム」をリリースした。

 「ポン玉ゲーム」(実施期間:2011年12月9日から2012年1月18日)は、ロイヤリティ社が12月7日から実施している「総額4,000万ポイントがぽ〜んと当たる!Pontaくじキャンペーン」との連動企画。Facebookのアカウントを取得していれば誰でも無料で遊ぶことができ、ゲーム内で高得点を獲得した人には1等1000万ポイントが当たる「Pontaくじ」と、最高5000ポイントがプレゼントされる。

 この「ポン玉ゲーム」とは、釘や羽根に当たった複雑な玉の動きを再現したパチンコ風ゲームで、「Ponta」の公式キャラクターであるタヌキのポンタの世界観をモチーフとしている。開閉する羽根をポンタの耳で表現するなど、親しみやすいデザインが特長だ。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると