『ウィッチブレイド』が川崎地区で先行導入開始

投稿日:

 豊丸産業は9月20日、「確変革命」のコンセプトのもと、これまでとは一線を画す確変抽選方法を採用し、初当たり時の突入率60%、ST中の継続率82%、小当たりや潜伏は一切無しという確変システム「エピソードモード」を実現した『CRウィッチブレイドWST』の全国導入(10月上旬)に先駆け、神奈川県川崎市内の5店舗で先行導入を実施した。

 先行導入店は、川崎駅前を中心とした川崎地区の《セブンS》(10台)、《PIA 川崎》(16台)、《PIA 川崎ダイス》(16台)、《PIA 川崎銀柳》(13台)、《楽園 川崎店》(10台)の5店舗。「今までにはない切り口で考案された画期的な遊技機」である同機の面白さや遊技性をいち早く理解してもらうために、今回の先行導入が実施されたという。

 事前に先行導入への問い合わせが数多く寄せられたという《セブンS》では、当日も同機を目当てに多くの来店客が詰めかけるなど、注目度の高さがうかがえた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると