愛媛「JOY STAGE」、全国300店舗の頂点に

投稿日:

栄冠に輝いた「JOY STAGE」。

 第2回ぱちんこ情熱リーグ(主催/NPO法人ぱちんこ情熱リーグ・木山修助理事長)の決勝大会が6月2日、兵庫県尼崎市のアルカイックホールで開催。全国300店舗の参加ホールの中から1次・2次審査を勝ち抜いた5店舗がプレゼンテーションを行い、来場したパチンコ店関係者ら約2000人の直接投票により最優秀店舗を決定した。

 ぱちんこ情熱リーグは、「共に実践、共に感動、共に成長」を理念とし、パチンコ店で働く「人」に光をあて、参加店舗のなかから「日本一のぱちんこ店」を決定するもの。今回は昨年に続いて2回目の開催となり、当初3月24日を予定していた決勝大会は東日本大震災の影響で延期となっていた。

 決勝大会に進出したのは、『パチンコ玉三郎 黒崎店』(新潟県新潟市)、『DAIICHI J&Z 平野店』(大阪府大阪市)、『ジャンボ30 防府店』(山口県防府市)、『JOY STAGE』(愛媛県)、『パチンコ玉三郎 亘理店』(宮城県亘理郡)の5店舗。

 当日は各店舗が壇上でプレゼンテーションを行い、自店の取り組みや想いを発表。愛媛県内で3店舗を経営するJOY STAGEが最優秀店舗に輝いた。28歳の若きリーダー・趙宗在常務取締役が率いるJOY STAGEは、趙常務が父の急逝によって18歳の若さで経営を引き継いで以降の10年間の軌跡を織り交ぜたプレゼンテーションを行った。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると