九遊連が今夏「平日・月2日」輪番店休を決議

投稿日:

 九州地区遊技業組合連合会(西川明寛会長)は6月15日、別府市内で開いた定時総会で、九州電力管内における「平日・月2日」の輪番店休の実施を発表した。実施期間は7月から9月までの丸3ヶ月間。

 九州電力管内では原子炉3基が点検中で稼動を停止。運転再開のメドも立たない状況が続いていた。このため九州電力では企業や家庭に最大15%の節電を求める方針を打ち出していた。

 一方、福岡県遊協では5月25日に博多市内で開催した通常総代会で、組合に対して九電から正式な節電要請があった場合を前提として「平日・月2日」の輪番店休を柱とする節電対策の実施を同日の九遊連総会に提案する方針を固めていた。

 しかし総会前日の14日に開かれた九州各県遊協の理事長が集まった会合で九遊連首脳は、正式要請がなくても輪番店休など節電対策に取り組む方針を確認、翌15日の総会に臨む考えで一致していた。

 説明にあたった九遊連の西川会長(鹿児島県遊協理事長)は輪番店休の具体的な取り決めについては各県遊協で検討してほしいと要請した。

 九遊連の夏の節電対策は次の3項目。削減目標には例年比15%以上を掲げた。
(1)平日・月2日の輪番店休
(2)空調設定温度の2度アップ
(3)店内外の照明の間引き点灯

 なお今回の節電対策は九州電力管内の九州7県が対象。沖縄電力管内は含まれていない。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると