多様化するメディアをいかに活用していくか

投稿日:

 ぱちんこ未来図研究会(平澤黎哲代表/運営:(株)TAG)では2月24日、都内で第28回研究会を開催。終了後には記者会見を行った。

 今回は(株)第二営業部・堀川和映顧問と(株)エンデック・千葉朋典代表が、「インターネットを使った販促手法の秘密」をテーマに講義。動画サイト上でのインターネット生放送や、そこから波及するブログやツイッター等での情報発信をイベントに活用する千葉氏がその効果を説明、またファミコンやウィンドウズを例に出し、「若い頃これらに触れた人々が大人になった時、文化は劇的に変わる」と、今後こうした媒体がパチンコを大きく変える可能性について言及した。

 また後半では業界誌「シークエンス」の三浦健一社長、この度「パチンコがなくなる日」(主婦の友社)を上梓した業界コラムニストのPOKKA吉田氏、さらには平澤代表とTAG・福地光専務が「カジノ、業法、封入式パチンコ」といった話題について討論。

「これらが実現したら業界はどう変わるのか。低い意識でいると取り残される」とこうした問題に対し意識を高めるよう警鐘を鳴らした。

 このほか、台湾発のスイーツで今回パチンコ店向けイベントとして初提案された「FUWA・FUWAアイススイーツ」について、(株)亜細亜貿易・佐々木敦子プロデューサーよりプレゼンテーションがあった。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると