多彩な上乗せ契機が魅力『麻雀物語2』登場

投稿日:

『麻雀物語2激闘!麻雀グランプリ』

 平和は10月17日、都内にてパチスロ新機種『麻雀物語2 激闘!麻雀グランプリ』(オリンピア製)の発表展示会を開催。平和を代表するオリジナルコンテンツを採用し、多彩な上乗せ契機が魅力のART特化型タイプとなっている。納品開始は11月18日からの予定。

 純増2.8枚/GのART「麻雀GP(グランプリ)」(1セット40G+α)を搭載。このARTには「連乗せ」「潜り乗せ」「撃乗せ」「即乗せ」「戻し乗せ」という多彩な上乗せ契機が採用されている。各上乗せ契機の内容は以下の通り(それぞれに上乗せ性能がアップするプレミアム要素がある)。

・連乗せ…ART中の上乗せバトルから発展する「麻雀RUSH」(4G、50%ループ)での上乗せ。毎ゲーム上乗せされる連続上乗せゾーン。
・潜り乗せ…ART中に上乗せG数をストック。最終ゲームで放出する。
・撃乗せ…ART終了と思いきや突入する「パトランランチャンス」(5or10G)での上乗せ。毎ゲーム上乗せ抽選され、キュインと鳴るたびに50G以上が上乗せされる。
・即乗せ…チャンス役出現やバトル勝利、ART中の白7揃いから突入する「麻雀BONUS」(30G固定、チャンス役は100%)での上乗せ。上乗せ結果が即表示される。
・戻し乗せ…パトランランチャンスに突入しなければ「初代モード」(4G)への発展チャンス。ARTの引き戻しゾーン。また、パトランランチャンスは戻し乗せでもある。

 ARTの突入契機はゲーム数テーブル管理、超高確率ゾーン、自力、チャンス役からの4パターン。ゲーム数管理では128Gまでの突入期待度が40%オーバーであり、ダブルテーブル管理の採用で期待度の薄い区間も排除。超高確率ゾーン「夕陽ステージ」はART突入期待度が50%。自力では10Gの「MAHJONG CHALLENGE」でのバー揃い(自力解除率は約30%)でART突入となる。

 主なスペックは、ART初当たり確率が1/301.3(設定1)〜1/176.1(設定6)、出玉率は96.7%〜115.0%。

-新台

© 2021 グリーンべると