北朝鮮へのスロットマシン不正輸出を摘発

投稿日:

 栃木県警と横浜税関は6月27日、北朝鮮にスロットマシンなどを不正に輸出したとして男女3人を外国為替法違反(無承認輸出)の疑いで逮捕したと発表した。同日付朝日新聞電子版が報じた。

 逮捕されたのは韓国籍の会社役員福田実(韓国名/姜進赫、キョウ・シンカク)容疑者(82)=栃木県宇都宮市=、会社役員今井温〓(はるあき、〓は日へんに方)容疑者(67)=東京都昭島市=と韓国籍の会社員李僖〓(リ・ヒジョン、〓は王へんに廷)容疑者(31)。3人ともに容疑を認めているという。

 栃木県警の調べとして同紙が報じたところによると3人は昨年8月25日、中国にある貿易会社からの求めに応じて栃木県内で調達したスロットマシン約200台とボウリングのピン約100セットなど(輸出申告価格594万6000円)を経済産業相の承認を受けずに横浜港から中国・大連経由で北朝鮮に不正に輸出した疑いがもたれている。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると