大都技研、期待の新・オリジナルマシンを発表

投稿日:

『パイレーツワールド』

 大都技研はこのほど、海賊をモチーフとした新規オリジナルコンテンツのパチスロ機『パイレーツワールド』を発表した。納品は6月3日から開始する予定。

 同機は若き船長・アークが率いる海賊団が不死身の海賊王・バルバロスを征伐すべく航海の旅に出るという冒険ストーリーを描いた、ARTメインで出玉を増やすタイプ。1セット約50GのART「オーシャンドライブ」(純増2.0枚/G)と、セット数上乗せARTゾーン「レジェンドドライブ」の2種類のARTが絡み合うことで出玉増加の波をつくる新システム「デュアルドライブシステム」を採用している。

 「オーシャンドライブ」(純増2.0枚/G)は、毎ゲームの小役に応じて自力でポイントを獲得し、その獲得ポイントによって期待度が変わる敵とのバトルに勝つことで次のセットが継続する仕組み。突入契機は通常時のレア小役成立がメインで、この他に純増約203枚の BBからも突入チャンスがある。

 オーシャンドライブで敵の海賊3体を連続撃破できればセット数上乗せARTゾーン「レジェンドドライブ」突入のチャンスが訪れ、そこから海賊王・バルバロスとのバトルに発展し、見事勝利をおさめれば「レジェンドドライブ」に突入する。レジェンドドライブ中は、大都伝統の「7揃い」が高確率で揃うことでセット数が上乗せされ、規定の15ゲーム間に再度「赤7」が揃えばそこから15ゲーム間のゾーンが継続するなど、パチンコのST機のようなゲーム性を実現した。

-新台

© 2021 グリーンべると