人気アニメ『コードギアス』がパチスロで登場

投稿日:

写真左からFLOW、熊谷営業本部長、愛川ゆず季さん

 サミーは3月21日、都内・東京ドームシティプリズムホールにてパチスロ新機種『パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ』のプレス発表会を開催した。

 同機は06年の放送開始以来、多くのファンから高い支持を獲得し続けている同名のロボットアニメがモチーフ。原作アニメを製作したサンライズがすべての作画を担当し、全面監修を行ったハイクオリティな演出と新感覚のART上乗せシステムを採用した新たなゲーム性の融合によって「ファンに愛され続けるパチスロ機」というコンセプトを実現している。

 基本のゲーム性能は、獲得枚数約214枚のBB、獲得枚数約40枚のRBと1セット40G、1G純増約1.5枚のARTを搭載したボーナス+ARTタイプ。セット数上乗せタイプのARTは、超高確上乗せART「ガウェインART」、継続率80%or90%の高継続ART「ループシステム」、上乗せ特化ゾーン「ギアスラッシュ」など、多彩な上乗せシステムを搭載しており、これらが次々に絡み合いながら発動する「誘発連鎖システム」が特長となっている。納品はゴールデンウィーク明けの5月上旬開始予定。

 プレス発表会の冒頭、挨拶に立った同社執行役員の熊谷俊己営業本部長は「『コードギアス』の開発は『エウレカ』を手掛けたサミー屈指の開発チームが、超人気コンテンツということで絶対に失敗はできないという大きなプレッシャーの中、意地とプライドを掛けて完成させた。演出、クオリティは過去最高レベルであり、本当の意味での爽快感を味わってもらえると確信している」と同機への意気込みを述べた。

 また、発表会ではグラビアアイドルで女子プロレスラーとしても活躍する愛川ゆず季さん、原作アニメのオープニングテーマ曲「COLORS」を提供するFLOWがスペシャルゲストとして登場。発表会後に行われた展示会ではFLOWがライブステージを披露し、会場を盛り上げた。

 なお、同機のリリースをはじめ、今年1月には「コードギアスプロジェクト」として、新作アニメ、舞台、ミュージカルなど、多彩なマルチメディア展開が発表されており、同機のプロモーションでは全国8カ所の街頭ビジョンジャックや大型ADトラックの走行などが予定されている。

(C)SUNRISE/PROJECT GEASS・MBS Character Design (C)2006 CLAMP
(C)NAMCO BANDAI Games Inc. (C)Sammy

-新台

© 2021 グリーンべると