『北斗』初のデジテンがライトミドルSTで登場

投稿日:

『デジテンCR北斗の拳 有情(トキ)』

 サミーはこのほど、『ぱちんこCR北斗の拳』シリーズ初のデジテンとなるパチンコ新機種『デジテンCR北斗の拳 有情(トキ)』を発表した。

 同機は『ぱちんこCR北斗の拳 百裂(ケンシロウ)』のデジテンバージョン。スタート賞球10個を特長とするデジテンシリーズ初のライトミドルSTで、32回転の「乱世モード」と4回転の「ラオウステージ」で構成される36回転のSTや32ゲームの「北斗カウンター」といったゲーム性はそのままに、デジテンならではの遊びやすい仕様となっている。

 主なスペックは、大当たり確率1/167.2(高確率時1/39.7)、確変突入率100%(ST36回/2R確変を含む)、賞球数3&5&9&10、ラウンド数2or6or10R、カウント数8C、出玉約432or720個、電サポ回数36or68or100回(ST36回含む)。平均継続率はデジテン史上最高の約65.2%。

 納品は4月上旬開始予定。

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983, (C)NSP 2007 版権許諾証YKN-101 (C)Sammy

-新台

© 2020 グリーンべると