なみはやドームで恒例の未来っ子カーニバル

投稿日:

様々なアトラクションが用意された。

 大阪府遊技業組合連合会青年部会(大遊青)が主催する「第27回未来っ子カーニバル」が12月23日、大阪府門真市のなみはやドームで開催され、府内の児童養護施設、大阪交通災害遺族会など29施設の子供、引率職員などを含め1812人が参加した。また、パチンコ業界関連組合、メーカー、大阪府立門真なみはや高校の在学生など計270名のボランティアが運営に協力した。

 このイベントは大遊青がクリスマスを家族と過ごせない児童養護施設などの子供達を招待し、楽しいクリスマスの1日を提供する主旨のもと、87年から毎年開催されているもの。

 ドーム内のスケートリンク、プール、メインアリーナ、トランポリン室など様々な施設を開放したほか、巨大迷路、縁日コーナー、エア遊具を設置。今回は青年部会員、ボランティア75名のビブスにゼッケンを付け、ビンゴカードを手にした子供達が施設内を駆け回る「探してビンゴゲーム」が新たに行われたことで、ボランティアと子供達が触れ合う機会が多く見受けられた。

 なお、当日は大阪府・植田浩副知事が大遊青の児童福祉の向上・発展への取り組みに対し、光本浩三青年部会長に感謝状を贈呈した。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.