日電協、回胴遊商がオリジナル丼GPに協賛

投稿日:

 日電協と回胴遊商は10月26日、岩手・盛岡駅西口広場で行われた「仮設住宅対抗ふるさと三陸オリジナル丼グランプリ」に特別協賛した。

 同イベントはIBC岩手放送が主催し、?岩手県内の仮設住宅計10ヶ所のチームが考案したオリジナル丼を一般来場者(500名)に振る舞い、一般来場者の投票によってグランプリを決めるもの。

 開会に先立ち回胴遊商の伊豆正則理事長は「日本でここでしか食べられない10個の丼が集合した。グランプリになった丼は来月から東京のアンテナショップであるいわて銀河プラザで発売することが決定しており、皆様の想いのこもった丼を東京の方にも味わって頂ける。“復興どんぶり”といっても過言ではないと思う」と挨拶。参加チームのスタート宣言で試食がスタートした。

 試食タイムでは各チーム計300食を用意したものの、開始から1時間程でほぼ売り切れとなる盛況をみせ、アトラクションとして岩手県の伝統民謡、ゆるキャラじゃんけん大会などの催しも行われた。

 投票の結果、陸前高田市の財当仮設住宅が考案した「タコ丼」がグランプリを獲得。トロフィーと賞品目録(都内観光ご招待)が伊豆理事長から手渡された。なお、同イベントの参加料(100円)は全額IBC震災募金から岩手県災害義援金募集委員会を通じて復興支援に役立てられる。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると