夢まるふぁんど、県内8施設・団体に寄付金

投稿日:

 千葉県遊技業協同組合と千葉日報社、千葉テレビ、ベイエフエムの県内メディア3社で構成する夢まるふぁんど委員会は、福祉支援事業として県内8ヶ所の施設・団体に寄付金を贈呈。6月4日に開かれた千葉県遊協通常総会の冒頭で寄贈式が行われた。

 支援先は千葉県こども病院など、子どもや母子家庭、障がい者のために活動する施設や団体。寄贈式では贈呈先を代表して千葉県こども病院・伊達裕昭院長が謝辞を述べた。

 また、総会では夢まるふぁんど委員会に対する活動が優良だった県内の11店舗を表彰。また総会後の懇親会では同委員会に対し長年にわたり寄付を行っている東日本遊技機商業協同組合に感謝状が贈呈され、代表して安藤亨副理事長が受け取った。

 なお、表彰されたのは以下の11店舗。
・ニュー後楽園(習志野組合)
・メガガディス(船橋組合)
・ニュー後楽園船橋店(船橋組合)
・サンパレス本八幡(市川組合)
・アスワンP(船橋組合)
・メガディーバス(船橋組合)
・プライム行徳(行徳組合)
・アスワンM(千葉西組合)
・アポロ(松戸東組合)
・アポロスロット(松戸東組合)
・ゼウス(松戸東組合)

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると