第7回マルハンドリームカップ開催が決定

投稿日:

 マルハンは4月5日、都内港区のTBS放送センターにて同社とTBSラジオ&コミュニケーションズが共同主催する「第7回マルハンドリームカップ全国ベースボールトーナメント」の記者会見を行った。

 2007年から行われている同大会は、全国規模の大会としては唯一オープン形式で行われる国内最大級の軟式野球大会。国内すべての軟式野球チームを対象とする最大1500チーム(予定)が、全国8ブロックに分かれて47都道府県53地区で予選を行い、地区予選を勝ち抜いた8チームが全国大会に進出。11月3日に東京ドームで開催される決勝大会では、全国大会決勝トーナメント上位2チームによる優勝決定戦と3位決定戦が行われる。

 会見には韓裕社長のほか、TBSラジオ&コミュニケーションズの入江清彦社長、大会の応援団として元プロ野球選手の杉下茂氏、石毛宏典氏、定岡正二氏、槙原寛己氏、元木大介氏が出席。

 主催者を代表して挨拶した韓裕社長は「マルハンは『人生にヨロコビを』を経営理念とし、スポーツを通じてヨロコビを提供したいという想いから様々な活動を行っており、マルハンドリームカップもその一つになる。この大会を通じて軟式野球の活動が活性化し、野球を通して一人でも多くの方に幸せになってもらいたい」と同大会への想いを語った。

 また、当日はTBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」の記者会見も行われ、元プロ野球選手5名がプロ野球2013年シーズンの順位予想を巡って白熱した議論を繰り広げた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると