女性育成に向け日遊協が人材育成フォーラム

投稿日:

 日遊協では3月15日、本部会議室において「第7回人材育成フォーラム」を開催。会員企業15社の人事担当者23名(女性9名)が参加した。

 同フォーラムは人事担当者同士が課題と悩みを共有しながら必要な施策、方向性を一緒に考え、横の人脈を広げることを目的に行われているもの。今回のテーマは「女性が活躍できる組織づくり」として女性リーダーを育成するためのキャリアプランや制度、モチベーション講演、ディスカッションが行われた。

 講演ではルイ・ヴィトンジャパンや西武百貨店で採用・トレーニングマネージャーとして一連の人材開発業務に携わってきた(株)ブロッサムの増田啓子代表取締役が「女性リーダー育成編」と題した講演を行った。増田氏はルイ・ヴィトンジャパンや西武百貨店では性差ではなく価値観で人事制度が決められていたと述べ、女性リーダー育成の土壌づくりとして男女差のないフェアな制度・仕組み作り、出産・育児への理解とケア(心+施策)、女性社員の意思と覚悟、男性社員の理解(人間力)が不可欠と説いた。

 女性リーダー育成のポイントは(1)長期的な仕事生活で歩む上での拠り所(キャリアアンカー)(2)得意分野・適正を活かした配置(3)明確な目標設定と達成のためのサポート(4)自立(権限委譲)(5)コーチング(6)ストローク(ほめる、認める)(7)平等な機会提供と公正な評価は欠かせないとした。

 また男性部下と女性部下の違い、男性上司と女性上司の違いなどテーマを与え、グループ別にディスカッションが行われたほか、各社取り組みとして(有)新日邦、(株)ユーコーの事例が紹介された。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると