ニュースバックナンバーへ

全日遊連、実態調査で新規店舗数0件を報告2018年11月15日(木)

 全日遊連の組合加盟店舗の実態調査結果(経過報告)によると、2018年10月末現在の加盟ホール数(営業店舗数)は9,303店舗で、前月末と比べてマイナス59店舗となっていることがわかった。加盟ホール数の減少は5月以降、今月で6ヵ月連続。また、新規店舗数は近年でも稀な厳しさで0件だったと報告した。

 10月末の設置台数は、パチンコが243万361台(前月比マイナス1万2,827台)、パチスロが153万7,687台(前月比マイナス7,245台)で、パチンコ・パチスロともに減少に歯止めがかからない状況が続いている。

 なお、アレンジボール、じゃん球、スマートボールなどのその他の遊技機(37台)を含めた総設置台数は、396万8,085台(前月比マイナス2万72台)で、今年1番の減少幅となった。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月14日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」