ニュースバックナンバーへ

最高のスリルと興奮を「1/2」に凝縮!2018年9月20日(木)

『CR究極神判』

 フィールズはこのほど七匠製パチンコ新機種『CR究極神判』を発表した。

 同機が追い求めたのは「究極の1/2」。大当たりか否か、右打ち突入か否かを決するのは全て1/2の確率となっており、単純明快ながら最高にヒリつくゲーム性が特長となっている。

 スペックは大当たり確率1/309.13(右打ち中1/2)の1種2種混合タイプ。初当たり時は8R通常or4R(右打ち突入)で振分はそれぞれ50%の1:1となっている。初当たり時の7セグの数字が「7」以外の奇数図柄揃いだった場合は「降臨チャレンジ」が発生、ボタン連打でゼウスが降臨すれば右打ちモード「究極神判」へ突入する。なお、「7」揃いだった場合は究極神判への突入が濃厚となる。

 「究極神判」は時短1回転+残保留1回転で1/2の大当たりを掴み取る。究極神判中の大当たりは全て15Rで2,025個(払出値)の出玉を獲得できる(デジタルでの大当たり直撃次は2,160個)。ボタン連打による「天使の剣・悪魔の剣」ギミックの色の変化で(青<黄<緑<赤<虹)大当たり期待度を示唆するほか、テンパイ図柄やコインギミックの回転方向などチャンスアップパターンも多数搭載されており、その一つひとつに一喜一憂できるパチンコ史上かつてないほどアツい2回転となっている。

 納品は11月4日を予定している。

(c)NANASHOW

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月11日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」