ニュースバックナンバーへ

「涼」を届ける打ち水プロジェクトに東和産業が参加2018年8月1日(水)

浴衣女性従業員21名による店舗前での打ち水。涼し気な浴衣姿と打ち水により涼を届けた。

 東和産業は7月30日、有楽町駅前広場で行われた「有楽町清涼フェスタ2018」に参加した。

 同イベントは、企業や行政と連携し都市部特有のヒートアイランド現象緩和などのために打ち水を行い、日本の涼を感じてもらうイベントとなっている。日本古来から続く江戸文化の知恵でもある打ち水は、水が蒸発する際に大気中の熱を奪うため、体感温度にして2度ほど下がるといわれている。

  当日は≪有楽町UNO≫≪有楽町DUO≫の2店舗と本社従業員など合わせて21名の浴衣を着た女性従業員をはじめ、企業、大学生、一般の方たちが桶とひしゃくを持ち一斉に打ち水を行い、通行人からは歓声が上がった。イベント終了後には、同社店舗前で打ち水を行い、地域住民と記念撮影を行った。同イベントに参加した女性従業員は「楽しかったです。会社としてこういった取り組みができるのは素晴らしいことだと思います。来年も張り切ってやりたいと思います」と笑顔で語った。

 また同社では2008年から参加しており、営業本部の川口卓也部長は「弊社では有楽町再開発プロジェクトに助力しており、地域のためになにかできることはないだろかと考え参加し続けている。街があって我々の事業は成り立っているので今後も手を抜かずにやっていきたい」と語った。

 なお同社では、環境省や地方自治体が賛同する「熱中症対策声かけプロジェクト」に参画しており、当日はイベント前に店舗前で飲み物とうちわの無料配布を行い、地域の方とのコミュニケーションを図りつつ、熱中症予防に貢献した。

  • image
  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月15日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」