ニュースバックナンバーへ

家族申告プログラム、149店舗が導入2018年1月12日(金)

自己申告・家族申告プログラムの導入店を示すステッカー。

 依存問題対策の一環として、昨年12月1日から運用が始まった「家族申告プログラム」の導入ホール数は、1月10日時点で149店舗となっている。1月11日に行われた日遊協の記者会見で報告された。

 家族申告プログラムは、本人の同意を前提に、家族からの申告により依存問題を抱えていると思われる遊技者の入店・遊技を制限する仕組み。

 申告できるのは、配偶者または原則として2親等以内の親族。家族が申告する際には、申告者と本人の顔写真などが必要となる。

 本人の申告により、上限金額、上限回数、上限時間、入店を制限できる「自己申告プログラム」とあわせた導入店舗数は1,873店舗となっている。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2018年1月17日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年1月号
    • 巻頭グラビア&インタビュー
      未来に向けて発信されるエンタテインメント空間
    • 巻頭特集
      問われるパチンコホールの真の価値
    • 特集
      地域と歩む 〜地域に寄り添い、愛される企業へ〜