ニュースバックナンバーへ

機構の立入検査店舗数は前年同期比約164%2017年7月12日(水)

 遊技産業健全化推進機構は7月11日、2017年度第1四半期(2017年4月1日~6月30日)の立入検査店舗数及び検査台数について発表した。

 同期の立入検査店舗数は32都道府県方面で597店舗(うち計数機検査91店舗)。検査台数はパチンコ2,019台、パチスロ1,938台の計3,957台。検査計数機は玉75台、メダル16台の計91台。

 今年度第1四半期は前年同期と比べ、検査店舗数が約164.0%(前年度364店舗)と大幅に検査店舗数を増やす結果となった。

 これについて機構は「本年度の目標店舗数は1,800店舗なので、事業計画を上回るペースとなった」とコメントした。

 なお、これらの数字には遊技機性能調査の結果は含まれていない。

 2017年度の月別立入検査店舗数(計数機検査含む)は以下の通り。
4月/193店舗
5月/184店舗
6月/220店舗

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2018年1月18日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年1月号
    • 巻頭グラビア&インタビュー
      未来に向けて発信されるエンタテインメント空間
    • 巻頭特集
      問われるパチンコホールの真の価値
    • 特集
      地域と歩む 〜地域に寄り添い、愛される企業へ〜