ニュースバックナンバーへ

三店方式めぐり高井議員が質問主意書提出2017年6月19日(月)

 民進党の高井崇志衆院議員から「景品交換所のぱちんこ屋からの独立性に関する質問趣意書」が6月13日提出されていたことがわかった。

 この中で高井議員は三店方式の運用過程で景品交換所が景品問屋に景品を売る取引で差益を得ることはできないが、三店方式が広く普及している背景には月極手数料をパチンコ店が景品交換所を支払っている実情があり、景品交換所の独立性に矛盾すると指摘。その上で、次の3点について質問している。

(1)景品交換所がパチンコ店から手数料を受領することは風適法または古物営業法のいずれにかに抵触するか。

(2)景品交換所が景品を買い取るに当たって客から手数料を徴収することは風適法または古物営業法のいずれかの条文に抵触するか。

(3)現金等提供禁止違反および賞品買取り禁止違反に関する行政処分の量定は2015年4月に従来の量定「C」から「B」に引き上げられた。しかし現行「B」から「A」まで引き上げるべきと考える。どのような考え方で「B」としているのか。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月17日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長