ニュースバックナンバーへ

自公が依存症対策基本法案を共同提出2017年6月14日(水)

 自民、公明の両与党は6月13日、ギャンブル等依存症対策基本法案を国会に共同提出した。NHK NEWS WEBなどが伝えた。

 この基本法案は、政府に対して依存症対策の策定を義務づけるとともに、国や地方に対策の実績責任を規定するもの。公営ギャンブルやパチンコ事業者には国や地方が実施する依存症対策への協力を規定している。

 また依存症患者に専門的な医療が受けられる体制の整備や、円滑な社会復帰に向けた支援についても国と地方に求めている。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月17日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長