ニュースバックナンバーへ

昨年10月に起こった買取所強盗事件、犯人逮捕2017年6月2日(金)

 2016年10月に東京都練馬区の景品買取所で約450万円が奪われた事件で、警視庁捜査1課は職業不詳の男(31)と東京都在住の男(28)2人を強盗と建造物侵入の容疑で逮捕した。5月29日付の毎日新聞などが報じた。

 報道によると、両容疑者は昨年10月9日午後11時10分ごろ、東京都練馬区のパチンコ景品買取所で閉店作業中のアルバイト男性に刃物を突きつけ「金を出せ」などと脅迫、金庫から約450万円を奪った疑いが持たれている。アルバイト男性にけがはなかったという。2人は帽子やメガネで変装していたが、付近の防犯カメラに店に押し入る様子や逃走に使った車が映っていたことで逮捕に至ったという。

 同課によると、職業不詳の男(31)は「この事件をやるためにネットで知り合った」などと容疑を認めているが、東京都在住の男(28)は容疑を否認しているという。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月17日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長