ニュースバックナンバーへ

民進党が依存症対策で独自法案(原案)まとめる2017年5月23日(火)

 未成年者の入場制限や消費金額を制限するシステム整備などを盛り込んだギャンブル依存症対策の独自法案(原案)を民進党がまとめた。5月23日、NHK NEWS WEBが伝えた。

 ギャンブル依存症対策では日本維新の会が国や地方自治体に専門的な治療が受けられる医療機関の整備等を求める法案を参議院に提出している。また自公両党からも広告規制や入場管理などの対策の実施責任を国と地方に求め、公営ギャンブルやパチンコ事業者に実施責務を明記した「ギャンブル等依存症対策基本法案」骨子案が出ている。

 民進党が今回まとめた独自法案(原案)は、競馬場などへの未成年者の入場排除や、馬券購入やパチンコ消費を一定期間制限するシステムの整備等を国と地方に求める内容。報道によると民進党はこの原案をもとに今月(5月)中にも法案をまとめたい方針を示しているという。

 各党から出ている依存症対策については今後調整が行われる模様。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月17日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長