ニュースバックナンバーへ

純増2.0枚で『パチスロ グラップラー刃牙』登場2017年3月27日(月)

『パチスロ グラップラー刃牙』

 フィールズは七匠製の新機種『パチスロ グラップラー刃牙』を発表、3月23日に東京支店でプレス向けの説明会を実施した。

 同機は純増2.0枚のART特化タイプ。ART「地上最強トーナメント」は継続ゲーム数不定で、主人公の刃牙がバトルに勝利し続ける限り継続する。ART中の攻撃権争奪バトル中はベル、レア役で刃牙、リプレイで対戦相手が攻撃を行い、ヒットすると攻撃した側のゲージが貯まる。

 どちらかのゲージがMAXになると継続バトルが発生し、刃牙が相手を倒すと新たな対戦相手が登場。逆に刃牙が倒されるとART終了となる。攻撃をよけた場合は攻撃した側のゲージがゼロに戻り、攻撃権争奪バトルが再開する。

 刃牙が対戦相手を5人倒すとトーナメント制覇となり、EXバトル「地上最強の親子喧嘩」に突入。1セット20ゲームのバトルが85%でループし、終了後は再び「地上最強トーナメント」へと向かう。

 小役の引きによる自力感と、バトルの痛快さを融合させた「バトルARTの頂点を目指す」というゲーム性。対戦相手はARTの導入部(15ゲーム)で決定し、それぞれに倒しやすさなどの特徴がある。

 納品は5月7日開始予定。

 また、プレス発表では七匠の開発姿勢「壱機種壱挑戦」を紹介、「『壱』の文字は他の数字に改変されない特徴がある。他に曲げられない強い信念を持って、来るべき未来を信じて開発に挑戦する」などとその意味が伝えられた。

(C)板垣恵介/FWD   (C)NANASHOW

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年10月17日(火)のイベント

  • アミュゼクスセミナー
    13:00~17:00/三田NNホール

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年10月号
  • 巻頭特集
    “持ち玉遊技タイプ”へ高まる ファンのモチベーション
  • 特集
    解説!「規則改正」
  • Report
    被災地・南三陸町の子ども達に笑顔を届ける