ニュースバックナンバーへ

《アプリィ塩町店》導入の省エネシステムが表彰2017年3月24日(金)

最優秀賞を受賞した株式会社HR、株式会社アプリィの出席者。前列中央左がHRの網島弘幸社長、中央右がアプリィの畑雅樹取締役本部長。

 一般社団法人日本冷凍空調設備工業連合会(鳥羽益男会長)は3月22日、都内ホテルで「第34回冷凍空調設備の優良省エネルギー設備顕彰式」を開催。株式会社HR(大阪府大阪市/網島弘幸代表取締役)が開発した換気インバータ自動コントロールシステム『エコミラ』及び、『エコミラ』導入店舗である《アプリィ塩町店》が、改修設備部門で最優秀賞を受賞した。

 『エコミラ』は店舗内の客の人数に応じて換気量を調整し、間接的にエアコンへの負荷を削減する制御装置。《アプリィ塩町店》は約1年にかけて『エコミラ』を試験導入し、効果測定や改善を重ね製品化に寄与した。

 審査委員会の講評では、「既存ビルの省エネルギー手法として外気導入に係る対策は有力な対策手法であり、CO2による最小外気システムなどは多く用いられている。しかしCO2センサーの設置コストやそのメンテナンスに課題がある中、『エコミラ』では施設のホールコンピュータからの情報を利用して換気風量をコントロールすることによって、課題に対処したその発想は高く評価できる」としている。

 受賞にあたり挨拶したHRの網島社長は「『エコミラ』は多くの方の協力によって製品化できた。中でも1年間、実験導入させていただいた株式会社アプリィの木村次長様には大変感謝している。『エコミラ』には“エコに未来を”という意味が込められている。今後もこの製品名に負けないよう、地球にとって素晴らしい未来を創る未来メーカーとして社会に貢献していく」と述べた。

 その他顕彰式では記念講演として「最新のZEB、PEBの現状~アメリカ冷熱ビジネス視察団報告~」と題し、川瀬貴晴氏(千葉大学グランドフェロー)が日本、海外の省エネ設備、施設に関して講話を行った。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年6月24日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年7月号
    • 巻頭特集
      ピンチを前向きにとらえ チャンスに変える!
    • ホールレポート
      ダイナム新規店、レイアウト変更で快適さ強化
    • Report
      “集客”の“アイデア”満載、「店舗販促EXPO」に注目