ニュースバックナンバーへ

全日遊連、依存対策としてRSNの増強を検討2017年3月16日(木)

 全日遊連の阿部恭久理事長は3月15日の全日理事会後の記者会見で、依存問題への対応として、パチンコ依存問題の電話相談を行う認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワーク(RSN、西村直之代表)の増強を図っていく方針を示した。

 RNSは現在、相談員2名及び非常勤相談員が平日10時から16時まで電話相談に対応している。阿部理事長は、「すぐに相談時間を延ばすことや平日以外に対応することはなかなか難しい状況」との認識を示しつつ、今後は相談の受け答えができるホールスタッフなどをRSNに派遣する案などを検討している、と述べた。

 その他、RSNの相談機能を補完するため、パチンコホールに「安心パチンコ・パチスロ・アドバイザー」を配置する構想を明かした。「お店に1名以上、アドバイザーを置くことにより、RSNや精神保健福祉センターに繋げられるような仕組みを作ろうと検討している」(阿部理事長)などと述べた。

 アドバイザーのための研修会も検討しており、まずは4月に全日遊連・都遊協共催による研修会を都内で開催する予定という。

 依存問題への対策については業界14団体で構成するパチンコ・パチスロ産業21世紀会が1月27日に声明を出し、最優先課題として取組む方針を発表していた。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年10月20日(金)のイベント

  • 三洋物産パチンコ新機種『CR大海物語4』プレス発表会
    11:00~13:00/日本橋三洋グループビル

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年11月号
  • 巻頭グラビア
    ベガスベガス新宿東南口店
  • 巻頭特集
    どうなる認定・撤去 5.9号機の可能性は?
  • 特集
    PB機の可能性